カリスマファッションディレクターの住谷杏奈さんプロデュース「アンボーテ」

デリケートゾーンはまぶたよりも皮膚が薄く、ちょっとした刺激でも荒れてしまう原因になるため、顔やボディ用のスキンケア用品使用をおすすめしません。

さらに皮膚吸収もしやすい場所なので、できるだけ由来や品質のはっきりした成分を使いたいパーツでもあります。

そんな、女性の願いを叶えるためについに誕生したのが、オーガニックの保湿ケア「アンボーテ」です。


デリケートゾーンは皮膚も薄く繊細な部位で、汚れを落とすためにゴシゴシ洗いすぎたり、市販の洗浄力の強いボディーソープで洗ってしまうと、普段デリケートゾーンを保護しているバリアを奪ってしまいます

このバリアが失われることで、老廃物や刺激から守りづらくなり、洗っているにもかかわらず、汚れが溜まりやすいという負の連鎖がおきます。





これが、かゆみや臭いといったトラブルの原因になるんです。

じゃあどのようにケアすれば良いのか?

適度な洗浄と、外から潤いを与えてあげることで、トラブルの対策ができるんです。

オーガニックの保湿ケア「アンボーテ」は

ヨーロッパの代表的なオーガニック認証COSMOSを取得


・カリスマファッションディレクターの住谷杏奈さんプロデュース



安心・安全のデリケートゾーンの「かゆみ」「臭い」「かぶれ」といった悩みを一度に解決してくれます。

→足やワキなどニオイが気になるところにも使える「アンボーテ」はおススメです。

デリケートゾーンのお手入れとアンダーケア身だしなみが今、大流行!!

デリケートゾーンのお手入れとアンダーケア身だしなみが今、若い女子のあいだで大流行!


でも、女子の下半身のデリケートゾーンの悩みは案外、一人で抱え込みがちですよね。そこで、デリケートゾーンのアンダーケア身だしなみについてみんなで情報をシェアすることにしました。そのきっかけとは、オバちゃん(=私)は、

・ハイジニーナ先進国に住んでいる
・バカンス休暇が多く、ビキニカルチャーが根ずいている→セクシーな文化にはアンダーヘアのケアは必須です。
・女子の社会進出率が高く、肉食系女子多発中!産婦人科も大盛況!
・産婦人科に定期的に通う習慣が根ずいている→ピルをもらうため
・Tバックは当たり前
・タトゥーも大人気!

以上の理由から、デリケートゾーンのケアを絶対にしないと生きていけないバカンス大国で暮らしているので、アンダーヘアケア文化とはきってもきれない間柄にいるため、必然的に興味を持つようになりました。

ひまわり証券でFXを